0

就活に役立つ自己分析のやり方

就活の多くが行っている自己分析とは

就活を行う上で自分のことをよく理解しているということはとても重要なことです。
自己分析、これについて意味がないと思っている就活生もいるのですが、非常にもったいないことをしていると感じます。

なぜ就活生の中に、自己分析をしても意味がないと思っている人がいるのかというと、実際に自己分析を行っても意味がなかったと思っているからです。
しかし、自己分析の本当の方法を理解して行っていたのでしょうか。

自己分析が苦手だから最初から手をつけないという方もいますが、自己分析方法は決し手難しいことではなく勢い込んで行うことでもありません。
自己分析を実際に行ってみると、それほど難しいことではないことに気がつくと思います。

自己分析を行うことで自分の強みと弱みがわかる

自己分析を行うことで、何がわかるのかというと、自分の強みと弱みがわかります。
採用の担当を行っている方は、たくさんの学生と対面し、話を聞いています。
その中でこの学生はここが強み、こっちの学生はこれが強みと、学生のアピールポイントをしっかり理解して、採用決定を行っています。

ということは、自分のアピールがしっかりできていないと、採用担当者に自分を知ってもらうことができないということになります。

自己分析を行うことで自分の強みと弱みがわかれば、どのようなことを面接でアピールし、自分を活かして面接すればいいのか、これが理解できてくるのです。

自分のことを理解ししっかり話ができるか

面接では、自分の長所短所を質問されることがあります。
このとき、自分がアピールしたい長所がはっきりわかっているようなら、面接官にアピールすることができますし、短所についてこれから治していくべき場所を自分でしっかりわかっていることが、面接担当官にとっても知りたいところなのです。

自己分析を怠ったことで後悔した就活生も多い

自己分析を怠ったことで、面接で後悔したという就活生がいます。
自己分析を行って面接に挑む、就職試験を行っていれば就活も成功したのかもしれない、でも、このような下準備をきちんと行わず、怠ったことで結局就活に失敗したというのです。

自己分析をしっかり行うことで見えてくるのは、自分の強み、弱みです。
それが理解できると、自己PRなどもうまく書けるようになっていきますし、面接の際にも、しっかり話をすることができるようになるのです。

就活という人生の大きな出来事で、自分ができることをしなかったばかりに、自分の人生が変わったということでは後悔するに決まっています。
そういう後悔がないように、全力でできることを行ってその上で結果を納得して受け入れられるようにすることが重要なのです。