0

就活に役立つ企業研究のやり方

就活に企業研究が必要な理由

企業研究なんて所詮必要ないでしょ、結局就活というのは学歴と面接で決まるんだからさ・・・という人はもう一度就活について考え直す必要があります。
企業研究をしなくてもいい、これは就活という大きなチャンスをなくすようなもので、しておくべきことから逃げているだけです。

企業研究をしてなかったけど、俺受かったよ?なんていう人も、実際には自分がその企業に入りたいと思うとき、結果的に何らかの情報として企業研究で得られるような企業情報を得られていたと考えられます。

自己分析が必須といわれる現代の就活の中で、自己分析と同じくらいに重要性があるとされるのが、企業研究であるといわれています。
一つでも何かのステップ、課題を忘れるだけで最終的に苦しい就活となる可能性もあるのですから、自己分析と企業研究はしっかり行っておく必要があるのです。

研究不足や準備不足は採用担当者から見破られる

企業研究を行ってこなかった人、準備を怠ってしまった人などは、採用担当者が見れば一発で感じるといいます。
企業研究をしてこなかった学生は面接の際に、「は?」と思うような質問をしてきます。

また企業のホームページを見てすでに回答が掲載されているような質問をしてきて、得意顔をしている方もいますが、表面上の研究しかしていないということは、第一志望の企業ではない状態で面接しているのだ、と面接官も受け取ってしまうのです。

その企業に絶対入りたいと思っているのに、企業研究をしていない学生も多いということで、面接官としてはがっかりしてしまうという話も聞きます。
企業研究のやり方がわからないという人も多く、就活に必要となることなので企業研究のやり方をしっかり把握しておくほうがいいでしょう。

企業研究のやり方を理解しておこう

企業研究のやり方ですが、まずコーポレイトサイトを確認する必要があります。
企業はたくさんの費用を使ってコーポレイトサイトを作るのですが、ここには企業がよいブランドイメージを作りたいという思いがあります。

そのため、ここには企業はユーザーが知りたい情報は何か?ということをリサーチして、その情報を掲載しています。
ということは、企業研究で必要な企業の情報をコーポレイトサイトで得ることができるということです。

企業概要、取引企業、プレスを確認するということも大切です。
企業概要には企業名や資本金、従業員数、事業内容などが書かれています。
事業内容も書かれているので、どのような事業を行っているのか理解できます。

更に重要なページが採用サイトのページです。
就活生向けに作られているサイトなので、企業の採用情報のほか、様々な情報が掲載されていますので、就活生にとっては最高の情報網となります。

企業文化なども掲載されていますので、企業を選ぶという点においても、採用サイトページは情報がたくさん詰まっているところと考えて、しっかり抑えておきましょう。

合同説明会には必ず出ておくこと

合同説明会は必ず出ておくことが必要です。
説明会で企業について説明するのは、会社人事の顔、つまり、採用してくれるかどうか決める人となります。

就活にとって非常に重要な人と会うことができる場所なのですから、しっかり合同説明会に出て、担当者が話すことをしっかりメモしてくるべきです。
ここで、採用に必要な情報が得られることもあります。