面接
0

インターンシップとメリットについて

自分に合った会社探し

就活をする過程で、インターンシップという言葉を耳にしたり、目にしたりする事があります。
インターンシップというのは、実際に会社に行き職場を体験する事です。
企業により異なりますが、大学3年が就活を開始する前に、研修生として仕事を体験し、自分に合った会社を見つけるためのシステムです。

大学によっては企業と提携し、インターンシップをサポートしているところもあります。
こういうシステムがある大学は、インターンシップへの参加で単位を取れるようになっています。
基本的にインターンシップへの参加は自由ですから、希望者だけが参加できます。

今は就職をしても新卒の約3割が、入社して3年以内に何らかの理由で会社を辞めてしまうといわれています。
退職理由の多くは、仕事が合わない、やりがいがない、思っていたのと違ったなどです。
理想と現実のギャップが大きほど退職の原因につながりやすい、という結果も報告されています。
インターンシップを活用する事で、企業側もニーズに合っているかどうかを判断できるので、双方にメリットがあるのです。

インターンシップのメリットとデメリット

インターンシップに参加する事で、様々なメリットがあります。
就活を始める前に実際に会社で働く体験ができるので、自分がやりたかった仕事の場合はやり方なども事前にある程度把握できますし、結果を出せた場合は自信が持てます。
面接の時には絶好の自己PRになります。

企業によってはインターンシップの結果次第で、そのまま内定をもらえる事があります。
実際に職場で仕事を体験する事で、将来目指したい事などもイメージしやすくなります。
これから就活するにあたり、経験をしたという事実は、就活の意識が高まり進みたい方向も見えてきます。
実際に体験する事で、ある程度能力などもわかってきますので、企業のニーズと合っていれば内定をもらえる可能性があるのですが、学校との両立が前提ですから、長期インターンシップの場合は両立させる事が難しくなります。

短期間のインターンシップは、多くの企業で体験ができますが、期間が1日や2日という事も多いため、仕事の内容がぼんやりしがちです。
会社による違いもありますが、短期と長期にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、うまく調整して行く事が大切です。