0

就活に役立つ新聞の読み方

就活に役立てることができる新聞の読み方

就活の前に必ず新聞を読んでおくほうがいいといわれています。
先輩内定者などが就活生に口をすっぱくしていってくるので読むようにしているけれど、どうして新聞を読んでおくと役立つのか?よくわかっていない人もいます。

どんな風に新聞を活用すればいいのか、何を新聞から得ることができるのか、こうしたことを理解して新聞を読むのと、理解せずに新聞を読むのでは記憶も大きな差が出てきます。

新聞をどのように読めばいいのか、またどのように活用すればいいのか、就活に役立つ新聞活用法を追ってみました。

新聞を読んでいるうちに・・

新聞を読むようにとやはり先輩たちから言われ、ただ読むだけでは意味がないと思い気になる記事をスクラップしたり、デジタルで保存するなどしてみた、すると、気がつかないうちに特定のテーマについて記事を集めていることに気がつき、ああ、こういうことに自分は興味を持っていたんだときがついたという話がありました。

この興味があることにつなげて志望動機を書くことができれば、時事やその興味あることに深く精通した志望動機を書くことができるようになります。

ある方は主な記事の見出しだけを手帳などに記していたといいます。
1面記事の見出し、その文字をノートに記していくと、そのときに新聞の一面を飾るような、どのような出来事があったのか、ということが明確にわかります。

また新聞のコラムを書き写していたという学生もいます。
コラムにはプロの方が様々なことについて見解を述べています。
その中にはプロの語録や読解力が含まれていますし、文章の魅力的な書き方なども含まれています。

こうした作業は長い時間かかるものではなく、1日の中で10分、20分くらいですむことです。
これが時事を知ることにもつながり、また、志望動機をかけるような気づきにつながるのです。

新聞で得られる業界の色々なこと

新聞には新しい研究のこと、また企業についての新しい情報が寄せられていることがあります。
そのため、業界の研究を行う上でかなり役立つことになるのです。
企業のホームページに載っていないようなこともあるので、それを理解するためにも、新聞は非常にいい教科書になります。

マスコミを主軸に時事問題など、採用試験に利用することも多いので、新聞に載るようなニュースは、その採用試験の勉強をしているようなものです。
幅広い知識をつけるという意味でも、新聞から時事を知るということは重要なことなのです。

地域の情報やその地域の企業などについての情報なども得られるため、地域の新聞を読むということも重要なことです。
就活の前に、地域発信の新聞などを読んでおいてもいいでしょう。