履歴書
0

履歴書は手書き?パソコン?どっちが正解?

基本は手書き

字が下手な人は履歴書を手書きするのに抵抗を持ってしまう事があります。
転職の場合は職務経歴書が必要ですが、職務経歴書はパソコンで作成し印刷した物を提出します。
字が下手だから履歴書もパソコンで作成し、印刷した物を提出したくなりますが、履歴書の記入は手書きが原則です。

字が上手い下手は関係ない

履歴書に関しては、手書きで書くというのが一般的です。
字にあまり自信がないと、パソコンで作成した方が良いと考えがちですが、基本的には手書きで書きます。
字が下手でも丁寧に心を込めて書けば、それは充分に評価対象になります。

ただし最近は会社のホームページから、オリジナルの履歴書テンプレートをダウンロードして使用するケースも増えてきています。
パソコンスキルを評価対象にする企業は、敢えて手書きではなく、パソコンで作成するよう指示する事があります。
こういう場合の手書きはNGとなるので注意しましょう。

募集要項に直筆の履歴書持参や送付と書いてある場合は、手書きで作成する事になります。
会社により指示が異なりますので、きちんと確認しておく事が大切です。
直筆を一般的としているのは、文字からもある程度人物像を読み取れることがあるからです。
履歴書をパソコンで作成するよう指示するのは、ITベンチャー企業に多いようです。

字が上手い人でも殴り書きのように雑な書き方は、あまりいい印象ではありません。
字が下手でも1文字1文字を丁寧に書く事で、丁寧さや慎重さが伝わります。
中には手書きでもパソコンでも可となっている事があります。
この場合は自分が良いと思う方を選びます。

書き方のポイント

履歴書の書き方にはいくつかポイントがあります。
字が上手でも誤字や脱字があると致命的です。
これは字が上手い下手に関係ありませんが、履歴書を書く時は慌てず正確に書きます。

学歴を記入する欄には、入学や卒業年月を書きますが、年号は間違えないようネットで調べておくと安心です。
書き間違えてしまった時は、修正液や修正テープは使えません。
二本線で取り消しなどもできせんから、間違えた時は新しい履歴書に書き直します。

転職の場合は、職歴も記入しますが学歴は最終学歴のみでOKです。
転職は履歴書とは別に、職務経歴書を作成しますから、職歴は会社名と入社、退社年月のみでOKです。

履歴書の各項目はできるだけ空欄のまま提出しないようにする事が大切です。
資格の欄は持っている資格を全て書けばいいというものではありません。
運転免許と仕事には関係ない資格を持っている場合は、運転免許だけでも大丈夫ですから、仕事に関係ない資格は書かない方が賢明でしょう。
自分をよく見せようとして嘘を書く人がいますが、これは絶対にやってはいけません。

趣味がない場合、趣味の欄に書く事がなくて困ってしまいます。
こういう時は興味がある事でも書いておきましょう。
最も重要なのが志望動機の欄です、限られたスペースの中でうまく自分をPRしてください。