syasinn
0

綺麗な履歴書写真を撮るコツ

3ヶ月以内の物を使う

履歴書には必ず写真を貼り付けます。
アルバイトの応募には履歴書の写真なしで応募する事がありますが、就活においては写真なしの履歴書はNGとなるので注意してください。

履歴書に使う写真の条件として、使用する写真は3ヶ月以内の物を使います。
あまり時間が経っている場合は見た目が変わっている事があるので、できるだけ新しい写真を選びます。

写真の大きさは縦が36mmから40mm、横が24mmから30mmとなっています。
これより大きすぎても小さすぎてもいけませんから、必ずサイズは確認してください。
証明写真を使用しますので、プライベートで撮った写真や、携帯で撮影した写真は使えません。
スピード写真でもいいのですが、できれば写真屋で撮ってもらいましょう。

綺麗な写真を撮る

履歴書の写真は綺麗な写真である事が大切です。
ただしこの場合の綺麗というのは、着飾ったり派手なメイクやアクセサリーで飾ったりする事ではありません。
綺麗な写真のポイントを紹介します。

証明写真は歯を出して笑う事はありませんが、無表情すぎるのもあまりいい印象はありません。
顎はある程度引きますが、顎を引きすぎると睨みつけたような印象になるので注意してください。

顔だけでなく胸から上も写りますから、服装の乱れがあってはいけません。
夏であってもジャケットを着用し、ネクタイの乱れや、ボタンのかけ忘れがないか確認します。
髪が長い女性は一つにまとめるか、髪は後ろにもって行き顔がはっきり見えるようにしておきます。
ボサボサヘアーはあまりいい印象ではありません。

男性はスタイリングでトゥーマッチにならないよう注意します。
ツンツンと立たせたヘアーはプライベートだけにしておき、証明写真の時は控えめにセットします。
派手なネクタイやカラーシャツは、TPOをわきまえていない印象を与えます。

理想的な写真

以上をまとめて、理想的な写真を意識しましょう。
髪型、服装、メイク全てにおいて清潔感は重要です。
流行りのヘアスタイルでも就活には不向きとなる事はありますから、TPOをわきまえる事がどういう事かをもう一度確認しておきましょう。

女性は巻き過ぎ、盛り過ぎにならないよう、髪をまとめるようにします。
シャツの襟や顔に髪がかかっていない方が好印象です。
男性は寝グセを直し、小奇麗にセットするのがおすすめです。

服装は基本的に就活で着用するスーツを着ておけば間違いありません。
写真の時だけボタンダウンのシャツで間に合わせようとしがちですが、ボタンダウンのシャツはNGです、必ずワイシャツやブラウスを着用します。
シワやヨレもだらしない印象を与えるので、クリーニングに出すか、アイロンをかけておきましょう。

女性の場合はきちんとメイクをします。
すっぴんも派手なメイクもNGです。
普段のメイクより少し控えめに、清潔感のあるメイクを心がけてください。

マツエクをしている人は自然に見えるなら大丈夫ですが、派手目な場合は外しておきましょう。
カラコンもおすすめできません。