メイク
0

就活中に気を付けたいメイクの基本

すっぴんもNG

就活の場合は身だしなみもチェックされます。
女性はメイクをしますが、派手すぎても、全く化粧をしないすっぴんも好ましくありません。

就活では第一印象の影響力が大きくなります。
メイクはやり方次第で印象が大きく変わりますが、基本は健康的で清潔感がある事です。
知的さもあったほうが良いので、メイクのコツは覚えておきましょう。

就活メイクのポイント

メイクのポイントはやはり下地にあると言えます。
肌をきれいに見せることで印象が大きく変わります。
どんなにアイメイクを上手く行っても肌の状態が悪いと魅力は半減してしまいます。

肌に自信があるなら無理に下地を使う必要はありませんが、オイリー肌なら皮脂をコントロールする下地を、くまや赤みがある場合はそれを隠す色を使います。
ファンデーションは薄付きで自然に仕上げるのがポイントです。
首との色合いも注意して、自然で健康的に見える色を選びます。

眉毛は細すぎるのも全く手入れしていないのも、良くありません。
無駄な部分を整える程度にしておき、ブラックだと不自然に見える事があるので、アイブロウにはダークブラウンを使います。
きっちり書くよりも少しぼかすくらいがベストです。

アイラインは細く自然に書きます、太すぎると下品な印象を与えるので、やりすぎは禁物です。
アイシャドウは肌に近い色を選びます。
ブラウン系が無難ですが、派手にならないよう注意してください。

マスカラは付けすぎてダマにならないよう注意し、上のまつ毛だけ付けておきます。
パンダ目にならないよう注意してください。

リップはあまり濃い色は選ばず、ほのかに色づくコーラルピンクやピンクベージュがおすすめです。
グロスを塗る時は全部に付けずに、中央部分のみにします。
チークもあまり派手すぎず、顔色が良く見える色を軽く乗せる程度でOKです。

職種別メイク

一般企業の場合はナチュラルで、健康的に見えるメイクが好まれますが、職種によりメイクのタイプが変わります。
銀行系や金融業系は、派手な印象はNGとなるため、控えめメイクにしますが、眉をきちんと書く事でクールな印象になります。

受付やホテル業系は、優しい雰囲気のメイクがおすすめです。
女性らしいふんわりとしたメイクを意識しますが、派手にならないようにします。
食品メーカーは健康的なメイクが好まれます。
基本は控えめなナチュラルメイクですが、肌荒れなやくまは不健康なイメージを与えますから、スキンケアを重視します。

ファッション系やアパレル関連は、少し華やかさが必要です。
適度に流行を取り入れておくと、センスの良さをアピールできます。
ただし派手すぎや付けすぎ、盛り過ぎは就活にはNGとなるので注意しましょう。