0

ネクタイの結び方

どれだけ知ってる?ネクタイの結び方

社会人になってからネクタイを初めて結ぶという方も多いと思いますが、ネクタイの結び方は一つではなく、様々な結び方があります。
一般的な結び方だけ知っておけば、日常困ることはありませんが、いくつか知っておくと、アレンジするように楽しめるので便利です。

これから就活される方もいると思いますが、結婚式への招待や仏事があった際など、しっかりとネクタイを結ばなければならないことも多くなりますので、しっかり結び方を理解しておきましょう。

まずはプレーンノット、基本の結び方です

ネクタイの結び方でもっとも基本的な結び方が、プレーンノットです。
応用範囲も広いのですが、一番使用することが多い結び方になるのでしっかり覚えましょう。

19世紀にイギリスの4頭立て馬車時代に発症しているという歴史の深いプレーンノットは細いネクタイだと小さめになり、太いネクタイだと大きめになります。
小剣を大剣の周りに1周巻いて大剣の下に持っていき、大剣を小剣の上、横に交差するようにもって行きます。
人差し指で結び目をおさえつつ大剣の先を襟元のほうにくぐらせて、人差し指をはなし大剣の先を下の結び目の間へ通し、小剣を押さえて大剣の先、下方向に引っ張って結び目を縮めます。

ボリュームあるダブルノットは上品なイメージ

プレーンノットの大剣を二重に巻くというやり方がダブルノットです。
大きすぎない結び目となるのでネクタイの質感をよく出すこともできますし、上品に仕上がります。

小剣の周りを一周するように大検を巻いて、小剣の周りをもう1周します。
小剣の上に大剣の端を交差するように重ねて、襟元の下からくぐらせるように大検を通し、結び目の袋に大剣の先を通します。

結び目を調節し襟元まであげて形をしっかり整えます。
難しそうに見せてもプレーンノットの変形のようなものなので、それほど難しくありません。

小さくスマートにかっこよく仕上げる

ネクタイを小さくスマートに仕上げる結び方がスモールノットです。
ブレーンノットは小剣を軸にしていますが、このスモールノットは大剣を軸にして結びます。
結び目が小さくなり、簡単にイメージを変えられるので
覚えておくといいでしょう。

小剣を左の胸側に持っていって大剣の下で交差します。
大検を巻くように小剣を前に持ってきて、右の胸の前に来た小剣を襟元からくぐらせ結び目の袋に小剣の先を通す、結び目を調節しつつ襟元まであげながら形、位置を整えます。

あらたまった場所に最適なウインザーノット

英国調スタイルの結び方、ウインザーノットはイギリスのウインザー公が流行させたというネクタイの結び方です。
あらたまった場所などにも適している結び方なので覚えておくと安心です。

大検を小剣の上に交差、襟元に大検をくぐらせるようにしながら通してループを作ります。
証券の先を自分の右胸のほうに持ってきて、大剣の先、反対側の裏で交差させます。
大剣の先を上に持っていって、襟元の裏からくぐらせて通し、横にできたループに通す、そして結び目をうまく調整しつつ、襟元の位置まで上げて整えます。