0

就活で使うカバンの選び方

就活で利用するカバンの選び方を知りたい

就活の際、ファッションやバッグ、靴など気になることがたくさんあります。
学生から社会人になる際に、面接などを受ける際に自分がしっかりとしたマナー、礼儀を持っている人間だとアピールするためにも、場にふさわしくないものを持っていくことは避けておきたいことです。

就活するときは、履歴書などを持っていきますし、その面接を受ける企業からの関連書類、また、面接の際に覚えて起きたいことなどを記したメモ、ノートなどを持っていく方が多いです。
となると大きさ的には、A4サイズが入るバッグが基本となります。

カラーですが、多くの就活生が選んでしまうことが多い「黒」実はこの色、ビジネスバッグ以外は、マナー違反とされる色なのです。
面接のとき以外、採用試験やセミナーなどでも、黒のバッグはビジネスバッグ以外利用しない色と心得ておくことが必要です。

黒はよくありませんが、赤など派手な色のバッグ、派手なデザインのバッグなどのよしとされません。
ビジネスの中でどのような服装ができるの?ということを面接官は確認していますので、ビジネスシーンの暗黙の了解、マナーなどを心得ておくことは必須です。

バッグは目立たない、控えめなデザインとカラーのビジネスバッグが好ましいと考え、選択しましょう。

就活で利用するカバンは安くていい

就活ではたくさんの企業の面接を受けたり、セミナー、説明会、講習など受けることが多くなります。
そのため、カバンもかなり酷使し、くたびれてきます。

就活で利用するカバンはとにかく多く利用するので、くたびれてもいい、消耗してもいいやすいビジネスバッグで十分といわれています。
就活から面接となり、その後、就職できてからある程度のカバンを買うように考えます。

安いものを利用するということに何か抵抗を感じる方も多いといいますが、最近のビジネスバッグは非常につくりがしっかりしていて、安いものでも十分機能します。
質もよく、まったく安く見えないものも多数ありますので、値段を重視するのではなく、使い勝手と強いかどうかをしっかり考えて購入すると失敗がありません。

通販サイトで購入するといいものが多い

町で売っているビジネスバッグよりも通販で売っているビジネスバッグのほうが、安くて質もよく種類やカラーも豊富です。

ただ購入する際には、サイズなどをよく確かめて購入することが必要です。
またできれば自立するビジネスバッグを買います。
面接野際、いすの横に置くこともあるので、その際、自立してくれるバッグのほうがスマートです。

高いものを購入しても、それを社会人になってから使うということはまずありません。
就活の間、使えるもので十分なので、安いカバンを選択しましょう。